爆上げ狙いならバイオ関連株をおすすめする理由

爆上げ狙いならバイオ関連株をおすすめする理由「サムネイル」

ご自身で銘柄選びをされている方、運用成績に満足されていますか?

着実にじわじわ上げる銘柄は楽しいですが、動きがあるため一喜一憂されている方も多いです。

今回は、違った運用方法があるので、銘柄選びの幅が広げていただくためにバイオ関連株の魅力を取り上げていきます。

私がバイオ関連株をおすすめする理由

バイオは安心感のあるギャンブルといえます。

だからと言って貯金の全てをバイオにすることはおすすめしません、投資しても忘れてしまうくらいの額で買うのが儲けるコツです。

なぜならバイオは動かないときは本当に動かなくなってしまうのです。

またよりにも寄って配当は殆ど少ししか出してくれない銘柄が多いのです。

ですので、期限のある信用取引での買い付けはおすすめできません。現物で気になる銘柄を見つけておきましょう。

バイオ株は定期的に爆上げする

業績や内容、プラス要因の有無関係無くバイオ株は爆上げすることがあります。

そして上げ始めたらストップ高することも多く、中には連日上げ続ける銘柄も有ります。 〈バイオのチームワークはカタイ〉 バイオ関連株の株価上昇ブームは東証一部上場銘柄の医療株辺りから始まります。

そうすると一部の別銘柄が上げまして、マザーズの小型株がそれ以上に爆上げし始めます。

それによってまったくの関係ない会社が吊られて上昇してきます。

それでは、どのような銘柄が良いのでしょうか。 実際に私自身が運用している銘柄はJASDAQの小型株です。

特徴はブーム到来時と、下落局面との波が殆ど同じボックスで動いています。

そういう一定の動きをしているので、下落した後の底値付近で買い付け、寝かしておき、ストップ高した頃に売却するというのを繰り返し続けます。

もちろん1年以上ほとんど動かず寝かせているときもありますが、もともと無いものの資金として放置するようにしています。

3ヶ月でバク上げすることもありますが、こういう銘柄なので忍耐力は必要ですね。

また医療関連やバイオ株などは、ニュースが多いです。

新薬開発の発表や、開発研究のための赤字拡大、成功すれば大手製薬会社との契約、副作用の悪い噂などもありますし、直近では米国内で医薬品の価格高騰が問題視され米国の医療株下落からの日本株への影響などもありました。

しかし薬は社会とのつながりが大きく、新薬を必要としている方も多く、投資自体が社会に貢献していると感じることが出来、これが本来の株式投資の役割かもしれません。

バイオ関連株おすすめ