空売りで儲ける簡単な方法

空売りで儲ける簡単な方法「サムネイル」

日経平均日々動いておりますが、上昇する日もあれば停滞する日もあります。

個人投資家の方は益を出すために奮闘されているかと思いますが、今回は空売りをおすすめさせていただきます。

買った銘柄が下落し、悔しい気持ちを味わった方も多いかと思いますが下がったときに利益が出れば、そんないい話はないですよね!

ただし、信用取引にハードルの高さを感じている方も少なくないです。

しかし空売りは「儲ける」という攻めだけではなく「リスク分散」にもなりリスクの軽減も図れますし、さらなる「つなぎ売り」でさらなる利益も取っていけます。

それについて信用取引の入門と合わせて取り上げていきます。

空売りの仕組み

投資家が取引証券会社に株の空売り注文をしますと、株券の貸借を専門に行っている証券金融会社という会社から空売りようの株券を調達します。

そして、証券会社は空売り用の株券を投資家に渡します。

その株を投資家は市場で一旦売却しその後、市場で再度同じ株券を買い戻して証券会社を通じて借りた株を返却します。

そうして株価が下落した時に利ザヤを稼げるという仕組みになっています。

空売りする事の1番のメリットは?

空売りをすると「両建て」と「つなぎ売り」という物ができるようになります。

両建てとは?

株は上昇している局面でも、小刻みに上昇と下落を繰り返します。買いから入った場合ある程度利益が出た時点で、売りの注文(空売り)を出します。これを両建てと言います。

何故ここで売りを出すかと言いますと、利益が出た時点で新規に売りを出すと、別々の取引ではありますが、その時点で買いの利益が確定されます。

たとえその時点からさらに株価が上昇しても、新規売りの方で損が出るので相殺されてしまいそれ以上の利益は出ません!

しかし、上昇局面でもボラティリティはありますので下がることはあります。

つなぎ売りとは?

例えば1000円で買いで持っていたものが1500円まで値上がりし、信用新規売りを建てます(この時点で「両建て」)。だいたい上昇局面であっても、500円値上がりすれば利確売りが発生するでしょう。

下落した時に買いを処分します。下落していますが、その分売りで利益が出ているので、利確という事になります。

これがつなぎ売りです。しかし、信用取引なので証券会社によっては、取引出来る投資家に実績や預かり資産に採点基準を設けられていることがあります。

また信用取引には二種類ありますが、一般的には返済期限があります。これは新規で注文を出してから半年なので、その時思惑と違う動きをしていれば損切りをしなくてはいけない時があるので注意しましょう。

空売りで儲ける