株のレーティング【投資判断】とは

株のレーティング【投資判断】とは「サムネイル」

株のレーティング【投資判断】とは

株の投資判断として、レーティングは、ひとつの目安になります。

レーティングとは、証券会社のアナリストなどが市場分析をして、個人投資家のために提供するレポートで、その会社がどの程度有望なのかを格付けしたものです。

証券会社により、レーティングの定義がありインターネット上で公開されていますからチェックして見てください。

レーティングとは?

各証券会社で書き方は違いますが、会社の将来性がわかるように、三段階評価になっているものもあり、買い、中立、売りの段階評価の格付けに加えて、会社の目標株価が公表されています。

注意したいのは、今、現在の売り時や買い時を示しているものではありません。

レーティングは、第三者の評価や分析をしてくれるので、初心者の投資家にとっては判断材料になり、投資の後押しをしてくれますから活用してください。

レーティングと株価変動

レーティングで直接の株価の変動はありませんが、人気のあるアナリストが高い評価のレーティングを出すと株価が上がることもあります。

証券会社のレーティングもそうですが、インターネットの株の口コミサイトも同じく株価の変動に繋がる場合があります。

やはり、注目が集まっている銘柄は出来高もあり、約定しやすく、利ざやが、取り安いのも事実です。

レーティングの目安として、前日に中立とされていた銘柄が、買いに変更されると、何らかの情報が出たのか、会社の業績に変更がないのに株価が上がる時があります。

会社にとって好材料であっても株価が上がらないことも、多いにありますから、アナリストが誰も注目していなかった、情報をいち早くキャッチした場合もあるかも知れません。

インサイダーは、許されませんが、レーティングが証券会社からの発表だとすると、証券会社は、事前にどんな、記事を出すかを知っている可能性があるということですから、 レーティングの好材料により株価が上がるのであれば、証券会社としては事前にその株を買っておけば利益があがります。

レーティングを信用しすぎる事の弊害

海外の大手の証券会社の破綻も格付けではAの評価でした。

とても有名な格付け会社がほとんど賄賂で動いていたことに驚かされましたが、投資判断は、自分で行うことです。

海千山千のトレーダーの中で、初心者が仕手株や、株の情報戦で勝つことは難しいでしょうレーティングはあくまでも目安としての投資判断です。

レーティングを世に知れ渡っていない情報として考えるのは避けた方が良いでしょう。

株,レーティング